扉上下式熱処理炉

装置概要

  • ワークを積んだラックをハンドリフターやフォークリフトで、そのまま炉内へセットできる、重量物ワークの熱処理用焼成炉です。
  • 押しボタンで扉を上下させます。扉閉の位置はセンサーで検知し自動停止します。手動での開閉ではないので扉の密閉度に個人差がなく、常に安定した熱処理ができて製品の品質向上に貢献します。

主な用途

金型の予熱、水分乾燥、焼付塗装

特長

  • 使い勝手が良い
    重量物試料のセットが、ハンドリフターなどを使え簡単にできます。
  • 作業者の安全性に考慮
    扉開閉が自動の為、作業者が扉に触れることがなく、火傷の危険性がありません。
  • 専用ラックの製作もいたします
    風が流れやすく、温度分布に優れた形状にてご提案いたします。
装置仕様
項目 内容
 品 名  扉上下式焼成炉
 方 式  熱風循環方式
 温度範囲  RT+40℃~+400℃
 炉内寸法  W1000×H1000×D1400 mm
 装置外寸法  W1700×H3600×D2000 mm
 炉内床面耐加重  Max 500 kg

こちらの記載は基本的な仕様です。貴社の御使用条件に合わせ、設計製作いたします。

Scroll to Top