定量換気・強制排気式熱処理炉

装置概要

  • 換気しながら熱処理できる、余裕のパワーを持った強制排気方式の熱処理炉です。
  • 熱処理時、試料からガス、またはバインダーが発生しても一定量を換気できます。
  • 試料からガスが発生した時に、そのガスを排出しながら熱処理ができます。
  • 降温時に排気ブロアーを動作させて、外気を導入し温度降下時間を短縮できます。

主な用途

コンデンサ脱媒、コンデンサ脱脂、塗装乾燥、ゴムの熱処理、フッソコーティングの熱処理

特長

  • 十分なヒーター容量を装備しています。
  • 換気しながら熱処理ができ不要なガスを槽外へ出します。
  • 温度降下時間を短縮できるので工程時間も短縮できます。 
装置仕様
項目 内容
 品 名  定量換気・強制排気式熱処理炉
 方 式  熱風循環方式
 温度範囲  RT+40℃~+450℃
 炉内寸法  W600×H1000×D800 mm
 装置外寸法  W1400×H2200×D1200 mm

全排気式乾燥機

装置概要

  • 全排気しながら熱処理できる十分なヒータ容量を装備しています。
  • 熱風循環式でなく、全排気式なので試料からのガス、又はバインダーが発生しても、一方向に排気します。よって試料から発生したバインダー等の試料への再付着、ヒーターへのバインダーの付着はありません。

主な用途

ゴムの熱処理、フッソコーティングなどの熱処理、溶剤ガスが発生する試料の熱処理

特長

  • 炉内を通過した熱風は、ヒーターに接触しない特殊構造。
  • 炉内を熱風が循環しないので、バインダー等は試料に再付着しない構造です。
  • 試料から可燃性ガスが発生しても、全排気式なので加温ヒータへは接触しない構造にて安全性を高めています。
  • 熱風循環式と比べ、全排気式はヒーター容量を大きくする必要があり、電気代コストは高くなります。
装置仕様
項目 内容
 品 名  全排気式乾燥機
 方 式  全排気方式 (熱風ワンパス式)
 温度範囲  RT+50℃~+160℃
 炉内寸法  W900×H1500×D1000 mm
 装置外寸法  W2000×H2300×D1300 mm

こちらの記載は基本的な仕様です。貴社の御使用条件に合わせ、設計製作いたします。

Scroll to Top