ローラーハースキルン

装置概要

本装置は入口ガス置換部、予熱部、加熱部、徐冷部、冷却部、出口ガス置換部で構成されています。
試料搬送は、高精度制御のローラコンベアー搬送で高温のゾーンにはセラミックローラーを採用しております。
炭化ケイ素(SiC)発熱体と 高純度アルミナボード断熱材を独自の炉体構造に組込み、高温雰囲気での効率的な焼成ができます。
炉内雰囲気は出入口にガス置換部を採用し 大気 窒素 窒素+水素  さらにWet/Dryと 安定した各種ガス雰囲気に対応、
また独自のガスカーテン採用で炉内のゾーン毎に分離した雰囲気が実現でき各種試料の焼成条件に、幅広く対応します。
主な用途として電子部品、二次電池材料、各種セラミックスの熱処理に最適です。

特長

  • 上下加熱方式により試料の温度分布が良い
    ヒーターを上下水平に配置し、上下回路を分割 個別制御を行うためワークの温度分布がよい
  • クリーンな炉内雰囲気
    ワークをローラー式コンベアで搬送するため、発塵が少なくクリーンな雰囲気で焼成ができます
  • 省エネ 省スペース設計
    断熱材に高純度アルミナボードを採用。断熱層での蓄熱が少なく消費電力が削減できます
  • 焼成条件の変更が容易
    炉の蓄熱が少ないため温度プロファイル変更が短時間に行え、搬送速度もタッチパネルから簡単に変更できます
  • 製品搬送の自動化が容易
    ローラーコンベア搬送方式のためインライン化が容易です

オプション 

  • 出入り口のガス置換装置
    各種ガス制御装置 (バブリング方式含湿器+マスフロー) 気化方式 
  • 給・排気装置
  • 耐火物 (セッター、サヤ)
  • 記録計(ハイブリッド/パーパーレス)
  • 上位通信システム
入口部
(ロータリーポンプはオプション)
ガス制御装置(オプション)
装置仕様
 炉内寸法 W400 × H25 ~65 ×L2400mm
 常用温度 1350℃ 
 最高温度 1400℃ 
 温度分布 ±3℃ 
 炉内雰囲気 大気、O2、N2、N2+H2(4%以下)、Wet&Dry 
 発熱体 炭化ケイ素(SiC) 
 搬送方式 ローラーコンベア式  
 セラミックローラー(高温部) アルミナ/シリカ 
 搬送速度 4~80mm/min  連続高精度制御 
 制御方式 タッチパネル式 各種統合制御、モニタリング データ保存 通信 
 保安機能 非常停止  過昇温、搬送異常、ガス制御異常 サイリスタ異常 停電など 

この電気炉仕様は一例です、ご使用の用途に合わせて設計・製作いたします。

Scroll to Top