温度勾配炉 LABOTTA

装置概要

この温度勾配炉(ラボッタ)は、炉内を炉長方向に6回路の温度制御を行い、500~1000℃(700~1200℃)の温度範囲で一定の温度勾配を持たせることが出来る電気炉です。
炉内の白金試料板へ炉長方向に試料を並べ加熱することにより、各温度での変化状態を正確に確認する事ができます。

主な用途
・熱処理プロファイルの構築
・熱処理過程の試料 焼きシメ 収縮検査
・熱処理温度による試料重量測定 X線解析への展開
・熱分析測定サンプルの作成
・熱エネルギー基礎実験

装置仕様
 型   式  GM-N16K  GM-N16P
 電気容量  200V 1.2KW  200V 1.2KW
 炉内寸法  φ24×L380mm  φ24×L380mm
 最高温度  1000℃  1200℃
 温度勾配範囲  500~1000℃  700~1200℃
 発熱体  金属ヒーター  金属ヒーター+白金ヒーター
 制御方式  6回路独立制御 温度記録計付

* 隣接ゾーンとの温度勾配 最大100℃
* 標準品は最高温度1000℃ですが、高温用として最高温度1200℃のものも製作いたします。

炉内温度勾配データ表

Scroll to Top