実験用炭化炉

装置概要

本装置は、常用1000℃の連続運転可能な小型炉に金属ケース(マッフルケース)を取り付け、不活性ガスを導入し非酸化状態で、木材などの炭化焼成を行う炉です。そのときに発生する水分、生成物、乾留液等は下部にセットされたタンクに回収されます。多くの木材に対応した高性能な実験用炭化炉です。

装置の特長

  • 簡単な操作により、非酸化焼成が出来ます
  • 熱効率に優れた省エネ設計です
  • 炉体、制御部、タンクを一体化した省スペース設計です

オプション

  • 温度記録計
    熱処理の記録に(アナログ、デジタル、ハイブリッド)各種ご用意できます
  • 独立型温度過昇防止器
    過熱防止用検出端と、警報計を二重化し安全性を更に増強
  • 爆発ベント
  • 脱臭装置
仕 
 マッフル内寸法
 W×H×D mm
125×125×270   200×200×320 200×200×470
 一次電源 AC200V 単相  50/60Hz
 ヒーター容量 3.5kW   6kW
 最高・常用温度 1000℃
 雰囲気 不活性ガス雰囲気
 マッフルケース材質 SUS310S
 発熱体 金属発熱体
 制御方式 PID連続制御
 プログラム機能 8ステップ 8パターン

Scroll to Top