高温ガラス平行板回転型粘度計 GMシリーズ

装置概要


硝子の低粘度域の測定法として回転円筒型粘度計があります。これは溶融した試料に円筒を浸し、内筒あるいは外筒を回転させることによって発生したトルクを測って粘度を求めます。この場合はある程度の試料の量が必要であり、またそれを溶融する容器も、溶融のための炉もそれ相当の大きさを必要とします。例えば硝子の粘度の温度依存性を確かめる場合は、試料容積を出来るだけ小さく、加熱炉も昇温・降下の応答性のいいものが良い。そこで少量の試料で粘度測定の出来る平行板回転法を採用して加熱炉も出来るだけコンパクトにまとめたのが本装置です。この装置は平行板にはさまれたわずかの試料(約0.5ml)を一方の平板を回転しもう一方の平板にかかるトルクを測定することにより粘度を求めます。

(*参考文献 白石裕 他 日本金属学会誌 第60巻第2号 1996 184-194)

特長

  • 試料容積が小さい、したがって温度誤差が少ない。
  • 測定操作が回転円筒法に比較して簡単です。

粘度測定範囲

  • 109~105 poise (平行板測定)
  • 104~102 poise (回転測定)
 装置構成 寸法
 電気炉  形状: 縦型管状式二つ割開閉型
 炉体寸法: φ400×H265mm
 炉内寸法: φ90×H200mm
 最高温度: 1500℃
 ヒター容量: 2.0kW
 測定部   寸法: W450×D500×H1100mm 
 トルクセンサー、デスク回転装置
 制御部   寸法: W570×D470×H750mm
 温度プログラム調節計、トルクセンサアンプ
 PCシステム  PC、A4プリンタ、測定運転・データ処理ソフト

* この仕様は改良のため変更することがあります。

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!

Scroll to Top