ビームベンディング式歪点・徐冷点測定装置 GMシリーズ

装置概要

硝子の歪点・徐冷点領域の粘性を測定する装置で、ビームベンディング法を採用しISO 7884/4、7884/7に準拠するものです。JIS規格においては「繊維引き伸ばし法による徐冷点および歪点の測定方法 JIS R-3103-2」の中に規格としてあげられています。

特長

  • パソコンによる自動運転及びデータ処理を行なう。
  • 測定冶具は溶融解石英ガラスを用い、熱膨張による誤差はデーター処理ソフトにより補正を行います。
  • サーボ機構による一定荷重下で変位を読み取る。
仕 様
 粘度測定範囲  ガラスの徐冷点・歪点およびその領域
 電気炉  形状: 二つ割前面開閉型
 炉体寸法: φ450×H350mm
 炉内寸法: φ100×H150mm
 最高温度: 1000℃
 発夏体: カンタルAF
 ヒーター容量: 2.5KW
 荷重機構  ACサーボモーターによる
 荷重計  ロードセル 1Kg
 変位測定  サーボモーターのパルス位置制御による
 制御盤   外寸法: W500×H750×D500mm
 制御方式: プログラム調節計による3分割制御
 シーケンサ: タッチパネルによる測定運転指示、およびモニター
 PCシステム  ノートPC、A4プリンタ、測定運転・データ処理ソフト

* この仕様は改良のため変更することがあります。

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!

Scroll to Top