回転式高温粘度計  GMシリーズ

装置概要

一般的に内筒回転式粘度計と呼ばれているもので、外筒となる容器の溶融液中で内筒を回転させ、発生するトルクを測って粘度を求める装置です。

特長

本装置は、粘度に安定性の高いVT-550(ドイツ ハーケ社製)を採用し自動測定、・データ処理等の自動計測システムを完成させたものです。

 装置仕様
 測定範囲  10~105 Poise
 電気炉   炉体寸法  φ310×H360mm
 炉内寸法  φ50×H80mm
 温度  最高 1700℃  常用 1600℃
 発熱体  二硅化モリブデン
 電気容量  3.8KW
 温度分布  炉心部 ±5℃ 
 昇温時間  1600℃まで 約 1.5時間
 熱電対  JIS-B
 雰囲気  大気 (流気 窒素仕様可能)
 昇降装置  電動式
 制御盤  寸法: W600×D700×H1700mm
 制御方式: プログラム式PID
 保安装置: 温度過昇防止器
 電源: AC200V 1φ 30A
 データ処理
 マニュアル測定  可能
 自動測定  リアルタイム表示(時間・温度・粘度実測値)
 1. 回転数自動変換機能 
 2. 電気炉温度制御
 3. 測定器の保安装置(高粘度過負荷自動停止)
 データー処理  計算処理 表化、グラフ化
 データー及び作図結果のプリントアウト

* この仕様は改良のため変更することがあります。

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!

Scroll to Top