ガラス軟化点自動測定装置  GMシリーズ

装置概要

本装置は,JIS-R3103-1「ガラス軟化点試験方法」(ISO 7884-6:1987、ASTM C338)に準拠し、測定原理、試料の準備作製などはJISをそのまま受け継ぎ、直読を自動化したものです。また、測定プログラム操作はPCで行い、軟化点の測定結果はPC上で確認できます

特長

  • 測定プログラム操作はPCにて行います。
  • フォトセンサーの使用により自動計測を行います。
  • データはPCで保存し、そのままデータ処理を行うことができます。

仕様

 測定点  軟化点
 炉体寸法  φ150×H150mm
 最高温度  800℃
 ヒーター容量  450W
 測定部寸法  W350×D280×H270mm
 検出器  レーザ式センサ LX2-02
 精度 (再現性)  ±1.5℃
 制御盤寸法  W350×D250×H420mm
 取付計器   変位アンプ、プログラム調節計
 PCシステム  ノートPC、A4プリンタ、測定運転・データ処理ソフト

* この仕様は改良のため変更することがあります。

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!

Scroll to Top