ガラス平行板粘度測定装置 GMシリーズ

装置概要

従来の粘度測定において、104Pas(105poise)の領域は回転式では測定が難しく、またJIS-R3103-1による軟化点測定法では試料の作成が容易ではありませんでした。本装置は平行面を有する試料を加熱・加圧する平行板測定法によって、103~108Pa.s(104~109Poise)を連続的に測定する装置です。

*参考文献:白石裕 R,Meister 東北大学選鉱精錬精錬研究所報告第868号(1982)

特長

  • サンプル容積が小さいため温度誤差が少ない。
  • パソコンによる自動運転、粘度計算・グラフ化が可能です。
  • サンプル作成が比較的容易です。

仕様および装置構成

 仕 様
 粘度測定範囲  103~108 Pa.s(104~109poise)
 炉体寸法  W350×D350×H800mm 
 温度範囲  400~1,100℃、または400~1350℃
 発熱体  1100℃タイプ:カンタルAF、 1350℃タイプ:白金 
 変位検出器  作動トランス 0~10,000mm
 試料形状  径=7~10mm 高さ=5~7mm
 容積:400mm3以下
 制御盤寸法  W570×D450×H750mm
 コンピューターシステム  ノートPC、A4プリンタ、測定運転・データ処理ソフト

* この仕様は改良のため変更することがあります。

■各種 ガラス試験器についてのお問い合わせは お気軽に モトヤマ まで!

Scroll to Top