バッチ式ガラス溶解炉 NGV/SFVシリーズ

装置概要

本装置はガラスの溶解を目的とした装置です
本装置は、炉底昇降式で炉材にアルミナファイバーボードを使用したものと、耐火物仕様の2機種が有ります。アルミナファイバーボードを使用したものは、前面扉付のため溶融ルツボは前面からも取り出し可能です。オプション仕様等の追加で、試料攪拌を行ない炉底よりガラスを流出させ粉砕機に流し込む事や、型流し等の一連の作業が出来ます。

NGV2626F アルミナボード仕様

特徴

  • アルミナボード仕様は断熱性にも優れ省エネ設計です。
  • オプションが豊富で、炉底からのガラス流出、攪拌、粉砕など本格的なガラス溶解炉としてお使いいただけます。
  • 電気炉だけではなく、ガラス流出に対しても数々の安全設計を装備しています。
写真は耐火物仕様のSFV-2626Fにローラー式粉砕機構をセットしたもの

オプション

  • 試料攪拌機構 (溶解ガラスの脱ガス、脱泡)
  • プランジャー機構 (ガラス流出量の調整)
  • シャッター機構 
  • 底抜き機構
  • 1段又は2段のローラー式粉砕機構
  • ノズル直通電機構 (ガラス流出ノズル部の加熱)
  • 炉底部自動昇降

白金関係のオプション

  • 溶融ルツボ
  • 長ノズル直通電付溶解ルツボ
  • 攪拌羽根
  • プランジャー
仕様 NGV・SFV
 型 式 アルミナボード仕様 耐火物仕様
NGV-1515D NGV-2626F SFV-1515D SFV-2626F
 炉底寸法 W×D mm 150×150 260×260 150×150 260×260
 炉内寸法
 W×H×D mm
200×200×250 300×300×350 250×200×250 350×300×350
 一次電源 AC200V 1φ
 設備容量 6.5KVA 10.5KVA 15KVA 25KVA
 ヒーター容量 5.5KW 9KW 12KW 22KW
 最高温度 1600℃ 1550℃
 常用温度 1550℃
 昇温時間 90分 10時間
 温度分布 ±5℃ (有効寸法内無試料安定時)
 雰囲気 大気
 発熱体 二硅化モリブデン
 制御方式 PID制御
 処理ルツボ φ100×H130 φ130×H150 φ100×H130 φ130×H150
 炉底昇降方式 手動式 バランスウエイト方式
Scroll to Top