タンマン管式雰囲気電気炉  S6T/S7Tシリーズ

装置概要

本炉は各方面から高い評価と信頼を得ております、高速昇温電気炉スーパーバーンシリーズを応用したタンマン管式雰囲気電気炉です。研究用、少ロットの生産設備として、各種ガス雰囲気及び真空中の焼成や熱処理にご利用頂いております。

特徴

  • 高温で各種雰囲気が容易に得られます 
  • 炉本体、炉台型制御部、タンマン管支持架台をコンパクトにまとめた省スペースタイプです
  • 従来品に比べより省エネ性能の高い炉体を採用しております
  • タンマン管を取り外す事により,標準で箱型大気炉として使用でき 汎用性が高い構成となっております
  • 真空排気装置の装備により、真空炉としても使用でき より高純度の雰囲気仕様にも対応できます
  • モニター及び制御にはシンプル操作のタッチパネルを装備、プログラム入力や各種監視がグラフィカルに行えます
  • 温度データは標準装備のUSBポートからUSBフラッシュメモリーにてパソコンへ移行、ペーパーレスで記録が行えます

オプション

  • 窒素以外にも各種不活性ガス、還元性ガスなどオプションで4種類まで選択可能です(大気・N2・アルゴン・アンモニア・水素・酸素・真空など ただし、塩素ガスなどの腐食性ガスは対応できません)
  • 真空置換(手動式)
  • 真空雰囲気仕様
  • 温度分布測定用、または試料測定用熱電対(2対以下)
  • 酸素濃度測定
  • 排ガス燃焼器
  • 爆発ベント

※ その他特殊なご要求にも応じますが、オプションによっては複合して製作できない場合もありますのでお問合せください

S6Tシリーズ 電気炉 概略仕様
 型  式 S6T-2025D S6T-2035D
 炉内寸法 W200×H200×D250mm W200×H200×D350mm
 一次電源 AC200V  1φ
 設備電力 9kVA
 ヒーター容量 6kW 7.5kW
 常用・最高温度 1600℃
 昇温時間 1 最高温度まで 約60min   タンマン管無し
 昇温時間 2 タンマン管使用時 約150℃/60min
 温度分布 約±5℃ (有効寸法内無試料安定時)
 雰囲気 N2(他の雰囲気はオプション)   酸化雰囲気 (タンマン管無しの場合)
 発熱体 二ケイ化モリブデン発熱体
 タンマン管装着時の仕様
 タンマン管材質 再結晶アルミナ(使用条件により他の材質も可能です)
 タンマン管寸法 106φ×93φ×180mm 106φ×φ93×280mm
 昇降温度時間 約150℃/Hr 以下
 温度分布 約±5℃ 有効寸法内無試料安定時
 S7Tシリーズ 電気炉 概略仕様
 型  式 S7T-2025D S7T-2035D
 炉内寸法 W200×H200×D250mm W200×H200×D350mm
 一次電源 AC200V  1φ
 設備電力 9kVA
 ヒーター容量 6kW 7.5kW
 常用・最高温度 1700℃ タンマン管無し
 昇温時間 1 最高温度まで 約60min   タンマン管無し
 昇温時間 2 タンマン管使用時 約150℃/60min  最高温度1670℃
 温度分布 約±5℃ (有効寸法内無試料安定時)
 雰囲気 N2(他の雰囲気はオプション)  酸化雰囲気 (タンマン管無しの場合)
 発熱体 二ケイ化モリブデン発熱体
 タンマン管装着時の仕様
 タンマン管材質 再結晶アルミナ(使用条件により他の材質も可能です)
 タンマン管寸法 106φ×93φ×180mm 106φ×φ93×280mm
 昇降温度時間 約150℃/Hr 以下
 温度分布 約±5℃ 有効寸法内無試料安定時
Scroll to Top